セールスの仕事の面接で成功する方法

販売会議に臨むような気持ちで
もしあなたがセールスマンとして成功しているのなら、自分自身を売り込むことができるはずです。企業側の視点で考えてみましょう。自分自身を売り込むことができずに、企業の製品を売り込むことができるでしょうか?面接中は、市場で代表になるということを心に留めておきましょう。
面接には、販売会議に臨むような態度でいましょう。あなたが話すビジネスについて調査し、考えられるすべてのシナリオを想定しておきましょう。彼らが認識している弱みはなんでしょうか?現在、攻撃的で保守的な販売のアプローチをするのは少数なのです。

リサーチをしましょう
関連した小売データ、トレンド、販売サイクルについて良く把握しなければなりません。最新のブログ、新聞記事、その分野の専門的な雑誌を読むなど、公式の情報をできるだけ多く取得しましょう。
最も重要なことは、面接をする会社のビジネスをよく調べておくことです。彼らが売っている製品の考え方、市場での評価、そしてあなたならどのようにその製品を売るのかを考えてみましょう。

質問への準備
特定のエリアについての質問について準備しておくと良いでしょう。特に以下の事項について答える準備をしておきましょう:
・鍵となる販売の基礎と実践(例:異議の扱い、潜在的顧客の選定、販売の収量など)
・カスタマーサービスへの考え方ー販売で成功するためには重要
・適応性、信念、交渉力、プレゼンテーションスキルなどあなたの能力についての質問

尋ねられるかもしれない特定の質問
・あなたは常に目標を達成してきましたか?
・今までの仕事で1番の困難は何でしたか?またどのように乗り越えましたか?
・あなたが最も誇っているセールスは何ですか?それはなぜですか?
・もしあなたの顧客から何の返答も得られなかった場合、あなたはどうしますか?

あなたの業績の根拠を得る
どのセールスマンも自分のキャリアの業績について、抒情詩調で話します。しかし、すべての人が面接でその根拠を提示するわけではありません。前の職場や現在の職場から勝手に情報を提供することは避けるべきですが、販売成績対比一覧表、証明書、P60や給与明細などを持っていくことも可能です。

連絡帳を持っていきましょう
連絡先の載っている本はセールスで成功する上では重要です。これはあなたが収入につながる長期的な関係をクライアントと築くことができるということを証明します。これらを持ってくることができる能力は、あなたの新しい仕事において大きな利点となるでしょう。

質問リストを作りましょう
面接の終盤になると、質問がないかと尋ねられます。ただ「ありません」と答えるのはやめましょう。賢明な質問には2つの要素があります。1) あなたが企業と役割に興味があるということ、2) 面接中にあなたが教えられたことを聞く能力があるということ(彼らはただ話ができるだけのセールスマンは雇わず、その人が言われたことを聞いているかどうかも見ているのです)です。
つまづかないためにも、質問のリストを作って備えておくといいでしょう。以下のような質問が考えられます。
・貴社のセールスマンのうち、成功している人が持っている能力は何でしょう?
・何%のセールスマンが目標を達成していますか?
・交渉の際、どの程度のフレキシブルさがありますか?
・あなたのセールスチームで成功するための主要なバリアは何ですか?
・セールスチームの規模とどのように構築されているか。
・その企業でセールスとして働く上で1番いいことは何ですか?

終わり方
他の販売会議と同じように、面接も適切に終わらせるようにしましょう。もしあなたがうまくいったと感じるのなら、面接官に他に自分について気になることがないかを尋ねてみましょう。また、次のステップについてはっきりと尋ねておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です