プロの翻訳家になるための5ステップ

私はランゲージサービスの会社で働いているので、翻訳家を募集しているかどうかを尋ねられることがよくあります。その質問については気にしません。私たちはみな、就職活動をしなければならず、今日多くの人々がそれなしでいます。しかし、尋ねてくる人のおおよそ90%は翻訳家や通訳になる資格がないことに私は気づきました。バイリンガルというのは素晴らしいスキルですが、ESPNのアナリストLee Corsoは「そんなに急がないで!」と言います。他の言語が流暢であるということは、その言語における理解、会話、読み書きが教育されたネイティブスピーカーと同じであるということなのです。流暢であることは、翻訳家や通訳になる上で最初のステップにすぎません。他の職業と同じように、練習や経験、研修が必要なのです。成功への近道はありませんが、良いガイドラインはあります。

ステップ1:資格を取る
翻訳家になりたい人たちに対して私が最初に話すことは、何か資格を取得することです。資格を持っていれば、プロとして翻訳や通訳ができるという証明を提供することができます。多くの大学が翻訳の上級学位やプロの資格をオファーしていて、これについては違う記事もあります。最後に、あなたの週が翻訳や通訳の講座を開いていないか確認しましょう。これらの組織のうち1つから資格を得ると、ウェブサイトの登録者リストに掲載されるので、クライアントがあなたを見つけることができ、有利になるでしょう。全体としては、成功する翻訳者や通訳になるために資格は必要ないかもしれませんが、資格取得はスタートを切る上では最善だと思われます。

ステップ2:テストを受ける
履歴書が充実している人は、防衛省語学実力テストなどの言語実力テストを受け、その言語が流暢であるということをクライアントへ伝える手段にする人もいます。大学在学中や大学の近くに住んでいる場合は、翻訳や通訳の講座を取り、学内の様々な学部で翻訳家や通訳として働く機会がないかを探してみましょう。あなたの仕事ぶりを未来のクライアントに披露したり、推薦を得ることはとても重要です。

ステップ3:自分自身を売り込む
資格を得て経験を積んだ後、法律事務所、警察、病院、政府関係機関、言語エージェーンシーなど翻訳家や通訳を必要としているところに自分を売り込んでいきましょう。多くの翻訳家や通訳は、フルタイムではなく契約でクライアントのために働いています。あなたを売り込むう上で良い方法はウェブサイトやブログで、さらにオンラインのコミュニティーにも参加してみましょう。また、履歴書と料金設定の準備は完璧にしておきましょう。料金設定について迷うときは、他の通訳や翻訳家に訪ねてみましょう。

ステップ5:学び続ける!
翻訳家や通訳として進歩するためには、他の分野について考える必要もあります。あなたはどの分野に特化していますか?業界やトレンドについて詳しいですか?コンピューターや翻訳ソフトウェアについて詳しいですか?通訳であると同時に、学び続けることができますか?もし翻訳家として成功しているのなら、裁判所や医療通訳などの専門的な分野に特化してみるといいでしょう。私は、みなさんが翻訳家や通訳として活躍することを阻止しようとしているわけではありません。私の目的は、この競争率の高い業界にどのように参入すれば良いのかをアドバイスすることなのです。以下、プロの翻訳家になり成功するための道を書いた記事のリンクです。幸運を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です