医療秘書/個人秘書とは

医療秘書は部門やスタッフのグループの仕事を支えています。個人秘書は先任者のために働きます。
このページは医療秘書の役割についての情報を、エントリーレベルから掲載しています。

仕事内容
医療秘書や個人秘書として、大抵はスタッフの先任者やスタッフのグループのために働くことになります。管理や秘書業務において支援することになります。
例えば:
・タイピング
・会議の調整と時間調整
・日誌の管理
・出張の手配
・問い合わせの対応
・電話応対
・文房具の注文
・ファイルシステムの保管
・郵便物やメールの対応
・スプレッドシートやデータベースの作成と更新
また基本的には以下のような医療機関にいることになります。
・病院のすべての部門
・がんセンターや事故救急対応などの特別病院
・開業医やヘルスセンター
病院のスタッフだけではなく、患者やその家族とか変わる場合もあります。
個人秘書は医療期間外でも働くかもしれません。例えばNHS本部ビルなどで、患者と関わることはほとんどありません。
医療秘書や個人秘書は事務員やタイピストなどの管理部門のスタッフをを監督するかもしれません。

応募条件、必要スキルや興味
医療秘書や個人秘書はNHS内の様々な施設で働いているので、医療用語を知っていて、NHSでの働き方をわかっているはずです。
医療秘書や個人秘書に特別な条件はありません。しかし、雇用主はキーボードの入力スキルを期待しています。タイピングやワード処理の資格を要求してくるところもあるかもしれません。雇用主はまた、読み書き、計算、ITスキルを持っている人を求めています。GCSEやそれ相当の資格を要求してくる場合もあります。見習い期間として管理部門に配属され、研修や資格の取得、医療秘書や個人秘書のステップアップをすることが可能な職場もあります。

個人の特徴
医療秘書や個人秘書として、あなたは:
・正確かつ秩序立てて働かなければなりません。
・締め切りは守らなければなりません。
・医療用語を使います。
・詳細に注意を払いましょう。
・チームで働きますが、それぞれのイニシアチブも利用しましょう。
・様々なタイプの人と働きます。
・患者やその家族と関わる際は、手助けをし、安心させてあげられるようにしましょう。

必要スキル
・素晴らしいキーボードの入力スキル
・ITスキル
・スペリングや文法のスキル
・組織に関するスキル

研修
仕事に必要な研修を受けることになるでしょう。これは部門の紹介、ITの使い方、電話応対や手続きの仕方などです。また、カスタマーケアの研修を受けることもあるかもしれません。
NVQやその他の資格は以下で取得することができます。
医療秘書や個人秘書の中にはAMSPARやBSMSAの会員になる人もいます。AMSPAR、BSMSAどちらも研修、オンラインフォーラム、ニュースレターを提供しているので、違う職場の同じ職種の人と繋がることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です