成功に導くためのCVの書き方

CVは雇用主にあなたを印象付ける最初のチャンスです。
大衆の中から目立つことは、面接のチャンスを得たり、理想の役職につく可能性になります。
雇用主が何を探しているかを理解し、そしてCVを通してどのようにあなたを表現するかは、あなたの野望を叶える上で、時間をかける価値のある必要不可欠なプロフェッショナルのスキルなのです。

CVの長さはどれくらいにするべきか
あなたがキャリアを積み重ねている場合、あなたの経験に応じてCVは更新されていきます。しかし、更新する場合は、あなたの職歴の中から何かを削除することを検討することも重要です。
一般に、CVをA4サイズで4枚以内にすると良いと言われています。
「雇用主がどのようなギャップでも質問することができるので、
職歴の全てを記載することは重要です。」とSally Martinは言います。
「しかし、あなたのキャリアにおいて何か進歩があった場合はあなたの初期の職歴を削除し、直近の進歩に焦点を当てた方がいい場合もあります。」

個人的な情報はどの程度記載するべきか
趣味や興味などの個人的な情報を記載するのは結構ですが、控えめにしておきましょう。雇用主はあなたのスキルを見たいということを覚えておき、何が関連しているかを考えましょう。
「あなたの趣味や興味でどのように応募する仕事に関連するスキルを身につけたかを考えましょう。この方法であなたの個人的な情報を表現することは、雇用主へのアピールを高めると同時にあなたの個性を見せることもできます。」とRobert Waltersのディレクター、Sally Martinは言います。
「これらのスキルはあなたが受けている役職に直接関わりがなくても大丈夫です。物事を率先して行ったり、リーダーシップがあるなど、移行できるスキルや質は様々な役職で雇用主から高く評価されます。」

身元保証人を掲載するべきか
CVにリファレンスなどを同封することがあるかもしれませんが、これは必須ではありません。
実際に就職が決まる前に、雇用主はあなたの職歴などに虚偽がないかを確認するためにリファレンスを確認するので、新たな仕事に応募する際は身元保証人についても覚えておきましょう。
「身元保証人の連絡先を提供する前に、必ず本人に確認するようにしましょう。」とSally Martinは言います。
「身元保証人とどれだけ良い関係でも、個人情報を共有する場合は確認を怠ってはいけません。」

CVに顔写真を添付するべきか
CVに個人的な写真を添付することが人気になってきていますが、雇用主はそれを望んではいません。
「個人の写真を添付することは、むしろマイナスに働くこともあります。雇用主の中にはプロフェッショナルさを感じない人もいるからです。その代わりに、あなたのLinkedinのプロフィール写真をプロフェッショナルな写真にすることをおすすめします。」とSally Martinは助言しました。
「多くの雇用主は採用活動の一環としてSNSをチェックしています。」

CVに職場のメールアドレスを掲載するべきか
現在の雇用主から認められている時以外は、現在の仕事のメールアドレスを使うことは避けましょう。Hotmailやその他のメールアドレスを作るときは、適切なアドレスにし、ニックネームなどを使うのはやめましょう。将来の雇用主にマイナスなイメージを与えかねません。

カバーレターを添付するべきか
カバーレターはその役割にあっている場合は役に立ちます。共通レターは便利なように見えますが、それを使うことで、あなたが努力していないとみなされることもあります。
カバーレターを添付することにしたら、あなたのスキルや経験の記述はアウトラインを使って明確に記載するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です