フリーランスの通訳としての仕事を見つけるには

私は通訳ではありませんが、言語を多く扱う企業家です。
そして、通訳は翻訳者と同じ問題を抱えていると思います。仕事の見つけ方です。

成功するためには、通訳はクライアントをどのように見つけるのかを知る必要があります。
通訳よりも翻訳者の方が簡単に仕事を見つけられると考えている人もいます。
これはナンセンスです。
どのように言語に関わる仕事かは関係ないのです。
ライター、翻訳者、通訳、編集者、校正者全てに言えます。
それぞれの仕事内容は違うかもしれませんが、クライアントを見つける上での考え方は全て同じです。
そしてあなたの考え方は以下の3つに焦点を当てているべきです。
1. 理解力
2. 冷静さ
3. 一貫性
これらがあなたに何を与えてくれるのでしょうか?それは他の人が簡単に諦めてしまうクライアントを見つけることに成功する力です。

最初に:理解力
あなたはスマートでなければなりません。
あなたは創造的でなければいけません。
他の人とは違う考え方で、他の人が受けることのできない報酬を手にするのです。
しかし、同時に他の人のために働くということはどういうことなのかを認識し、あなたの努力を形にする必要があります。
しかし理解力について面白いことは、あなたはその部屋の中で一番スマートな人になることができるかもしれませんが、何もしなければ失敗するということです。

次に:冷静さ
どんなことがあっても通訳にりクライアントを見つけるという考えでなければいけません。
翻訳業にプラスしてライティングを始めた時、ピーナッツのために書いているライターに多く出会いました。
彼らはいつもそれについて不満を言っていました。
それはまるで、欲しいアサインメントではなく、いらないアサイントを手にするという、他の誰かの失敗のようでした。
しかしそれについて何かする代わりに、実際に仕事をしてから文句を言うよりも何もせずに文句を言うだけの方が簡単だと決めました。
あなたはプロフェッショナルの翻訳者か通訳になりたいですか。
ではできることを全てしてみましょう。

3番目:一貫性
達成感を味わってしまうと、もう途中では投げ出せなくなります。
前に進み続けなければなりません。
クライアントがあなたの目の前でドアをノックし続けてもです。
最後には最初のクライアントを見つけるでしょう。
それから2番目、3番目と続きます。
しかしすぐに諦めてしまうと、何ができたのか知ることはできません。
あなたは3つのステップを書き留めたので、どのクライアントが募集をかけているのか紹介します。
これらのうちあなたに近いものもあれば、遠いものもあると思います。
また通訳を募集しているなんて知らなかった業界もあると思います。
外に出て、聞いてみないことには始まりません。
私の父は、私が高校生の頃、水球の試合の前にいつもこのフレーズを私に伝えていました。

撮らなかった写真は、100%逃します
これはプロフェッショナルの翻訳家になるための挑戦にも同じことが言えます。
クライアントがあなたを見つけるのではありません。あなたがクライアントを見つけなければならないのです。
以下クライアントになりうるところを紹介します。

病院
病院は通訳サービスの大きなユーザーで、医療分野になります。
スペイン語が最も必要とされている言語ですが、患者にサービスを提供するために、他の言語も求められています。
病院は患者のために異なる通訳サービスを使っているので、あなたがターゲットにする病院が通訳にどのような方法を用いているのかを知っておくと良いでしょう。
病院の中には、通訳個人と契約せずに大規模な電話の通訳に頼っているところもあります。
病院がボランティアに支払う必要がないので、通訳には不満が残る可能性があります。
そこで、あなたが病院に通訳サービスを売り込む時には、あなたの経歴や職歴を公表することで、ボランティアや患者の家族頼みの通訳ではなく、職業としての通訳者の必要性や重要性を訴えかけることができるかもしれません。

開業医や医師の事務所
病院ほどではないかもしれませんが、開業医や医師の事務所も通訳者を必要としています。
理由は、もし患者が特定の開業医で医療を受けるという選択をしたら、患者は医師に自分と同じ言語を話してもらうことを期待すると考えられるからです。
しかし、必ずしもそうではありません。あなたが通訳サービスなどの内容を伝えるなど、意思を示せば通訳業を提供する可能性もあります。

裁判所(州、連邦)
正確な数字はわかりませんが、アメリカの裁判所は州のものも連邦のものも、多くのフリーランス通訳と契約していると思われます。
連邦裁判所の通訳は国中のほぼ全ての州で雇用されており、通訳の言語によりますが、多くの通訳者が通訳サービスを提供するために国中を旅しています。
テキサスでの通訳のようにです。
スペイン語/英語の通訳の需要が高いですが、その他の言語でも州・連邦共にフリーランスの通訳が働いているようです。

弁護士事務所
こちらも法律関連の職場です。
クライアントは自分の言語を話す弁護士を求めていますが、裁判所がオファーする弁護士が彼らの言語を話せるとは限りません。
このような場合、プロフェッショナルの通訳が大変重要になります。
このような状況で通訳がサービスを提供する場合は、大体がフリーランスの通訳です。それは、継続的な仕事をお願いすることができないからです。
しかし、複数のクライアントを抱えることは通訳にとって嬉しい事です。一方がパートタイムのような雇用であっても、空いている時間でもう一方の対応ができるからです。

通訳エージェンシー
多くの翻訳・通訳エージェンシーはフリーランスの翻訳家や通訳の履歴書を受け取ることに興味があります。
通訳エージェンシーよりも翻訳エージェンシーの方が多いですが、あなたの言語スキルを使うことができる通訳エージェンシーへ履歴書を送ることは、決して困ることではありません。
需要の高い言語の組み合わせのスキルがあった方が、有利になります。スペイン語/英語の組み合わせはあなたと雇用主の距離をぐっと縮めるでしょう。

ビジネス
グローバルなビジネスや、自社製品やサービスを他の言語で提供することに興味のあるビジネスは通訳の仕事を常に抱えています。
これらの仕事は対面の会議から、ビデオ、電話会議など幅広くなっています。
これらの仕事を受けている通訳の多くが、企業と以前から何らかのつながりがあったか、決定権のある人物とつながりがあった人です。
そうでなければ、ビジネスで通訳として働くのは難しいかもしれません。

大学
多くの大学や短期大学が驚くことに通訳を利用しています。
これらの学校の多くはしばしば通訳が必要となる国際会議やフォーラムを主催します。
しかし、通訳が必要なこれらのイベントにおいて、学校側は学生ボランティアや地域のボランティアに頼る傾向にあります。
これらのポジションはボランティアのことが多いので、収入を期待する人には向いていないでしょう。
しかし、この活動を通してビジネスのつながりを持つことができれば、時間を費やしても惜しくないでしょう。
さあ、何を待っているんですか?
クライアントを探しに出かけましょう。

プロの翻訳家になるための5ステップ

私はランゲージサービスの会社で働いているので、翻訳家を募集しているかどうかを尋ねられることがよくあります。その質問については気にしません。私たちはみな、就職活動をしなければならず、今日多くの人々がそれなしでいます。しかし、尋ねてくる人のおおよそ90%は翻訳家や通訳になる資格がないことに私は気づきました。バイリンガルというのは素晴らしいスキルですが、ESPNのアナリストLee Corsoは「そんなに急がないで!」と言います。他の言語が流暢であるということは、その言語における理解、会話、読み書きが教育されたネイティブスピーカーと同じであるということなのです。流暢であることは、翻訳家や通訳になる上で最初のステップにすぎません。他の職業と同じように、練習や経験、研修が必要なのです。成功への近道はありませんが、良いガイドラインはあります。

ステップ1:資格を取る
翻訳家になりたい人たちに対して私が最初に話すことは、何か資格を取得することです。資格を持っていれば、プロとして翻訳や通訳ができるという証明を提供することができます。多くの大学が翻訳の上級学位やプロの資格をオファーしていて、これについては違う記事もあります。最後に、あなたの週が翻訳や通訳の講座を開いていないか確認しましょう。これらの組織のうち1つから資格を得ると、ウェブサイトの登録者リストに掲載されるので、クライアントがあなたを見つけることができ、有利になるでしょう。全体としては、成功する翻訳者や通訳になるために資格は必要ないかもしれませんが、資格取得はスタートを切る上では最善だと思われます。

ステップ2:テストを受ける
履歴書が充実している人は、防衛省語学実力テストなどの言語実力テストを受け、その言語が流暢であるということをクライアントへ伝える手段にする人もいます。大学在学中や大学の近くに住んでいる場合は、翻訳や通訳の講座を取り、学内の様々な学部で翻訳家や通訳として働く機会がないかを探してみましょう。あなたの仕事ぶりを未来のクライアントに披露したり、推薦を得ることはとても重要です。

ステップ3:自分自身を売り込む
資格を得て経験を積んだ後、法律事務所、警察、病院、政府関係機関、言語エージェーンシーなど翻訳家や通訳を必要としているところに自分を売り込んでいきましょう。多くの翻訳家や通訳は、フルタイムではなく契約でクライアントのために働いています。あなたを売り込むう上で良い方法はウェブサイトやブログで、さらにオンラインのコミュニティーにも参加してみましょう。また、履歴書と料金設定の準備は完璧にしておきましょう。料金設定について迷うときは、他の通訳や翻訳家に訪ねてみましょう。

ステップ5:学び続ける!
翻訳家や通訳として進歩するためには、他の分野について考える必要もあります。あなたはどの分野に特化していますか?業界やトレンドについて詳しいですか?コンピューターや翻訳ソフトウェアについて詳しいですか?通訳であると同時に、学び続けることができますか?もし翻訳家として成功しているのなら、裁判所や医療通訳などの専門的な分野に特化してみるといいでしょう。私は、みなさんが翻訳家や通訳として活躍することを阻止しようとしているわけではありません。私の目的は、この競争率の高い業界にどのように参入すれば良いのかをアドバイスすることなのです。以下、プロの翻訳家になり成功するための道を書いた記事のリンクです。幸運を祈ります。