経験なしで最初のデザインの仕事を得る方法

先週、私たちは経歴の異なる何人かのデザイナーを審査しました。あなたのソフトスキルを発展させることは、デザインのプロの世界へ足を踏み入れるに当たって必要不可欠なことです。しかし、職歴がない場合、あなたをデザイナーとして雇ってもらうためにどのようにすれば良いのでしょうか。
私がDropboxを通してデザイナーの雇用をしていた間に学んだこの質問に対する答えは、爆発的な軌道を見せることです。ここではあなたにポテンシャルがあることを雇用主に示すための4つの性格をカバーしています。

なぜ軌道が重要なのでしょう?
37signalsは世界に通用する協同ツールを開発し、ビジネス、文化とウェブで洞察に満ちた解説を提供する会社として知られています。この投稿では、共同創設者兼社長のJason Friedがなぜ彼らが今日誰なのかよりも、デザイナーを評価するのかを説明しています。
この投稿を読み、最新のテクノロジー企業がデザイナーを雇う上で可能性についてどのように考えているのかを考察してみましょう。

多くの作品を作りましょう
多くの作品を作ることは、新たなデザイナーの可能性を強く示すことができることの一つです。あなたのポートフォリオが一貫性があり頻繁に作られている場合、実行力や情熱、学ぶ姿勢を示すことに繋がります。また成長の早い技術を習得することも推奨しています。
Jessica Hischeは多産なレタラー兼イラストレーターでクライアントとの仕事だけではなくサイドプロジェクトもよく知られています。教材からクリエイティブなものまでを収録した彼女の作品集「procrastiwork」を調べてみてください。あなたは自分自身の仕事の幅を広げるために、何を独立してデザインできますか?

あなたのデザインプロセスを定義し明確にしましょう
デザインの面接はしばしばあなたのプロセスを話したり、単発の試験を完了させることが必要になります。あなたの意思について正確に情熱的に話ができるようにすることは面接相手にあなたがどのようなデザイナーかを示すことになります。
素晴らしいプロセスの基礎は正しい解決策のある質問を投げかけることです。この記事ではデザインのプロセスにおけるそれぞれのステージで考えられる質問について議論しています。次のプロジェクトではあなた自身に問いかけてみましょう:これは誰のためでしょう?それから何を得たいのでしょう?そしてそれらのことを私はどのように強調できるのでしょう?

あなたの作品を見せましょう
最終的なデザインをする前に、コンセプト、プロトタイプ、最終的な製品に役立つスケッチを処分します。その作品を捉え、共有することは私たちのデザインの考え方や物語を示すことになります。
例えば、私が何かのプロセスを共有したとします。これは数年前に私が書いた記事で、スクラッチからどのようにレイアウトをデザインしたかを議論しています。これは私のポートフォリオの一部となり、これを繰り返し使って新たな顧客を得たりフルタイムの仕事を得てきました。あなたが新たなデザインプロジェクトに取り掛かる時にはあなたのプロセスからそれらの芸術品を保存し見直しましょう。どのようなストーリーがありますか?

面接に向けて厳しい練習をしましょう
数週間前、私は友達とお茶をし、彼は憧れのデザイナーについて話していました。それはとても理路整然としていて、感動的で、どのように彼がそのデザイナーを引き合わせたかを尋ねる上で役立ちました。秘密ですって?デザイナーは発展とリハーサルを6ヶ月以上したのです。その話はWilson Minerの「When We Buid」でした。
デザインの面接はそれぞれ異なる形態です。批評、協力、プレゼンテーションなど多岐に渡ります。よって、どのようなものなのかを確認しよく準備をしましょう。始めてしまえば、簡単に見えるものです。

経験がなくても仕事を得る方法(経験なしでは雇ってもらえなさそうなとき)

経験を得るために働くのに、仕事を得るためには経験がなければならないというのは、典型的なジレンマ的状況です。ここでは初めての仕事を得るためにはどうすればいいのかを紹介します。
Workpolisでは求職者や雇用主と頻繁に連絡を取っており、「経験」というのは両者にとって注目されるトピックです。
雇用主は、求職者には高学歴の候補者は沢山いるものの、職歴が十分な人は十分にいないと言います。
候補者は勉強し学位や資格を得ているにもかかわらず実際の職務経験がないと、なかなか仕事に就けないといいます。また多くの人が、サービス業、小売業やホスピタリティー業などの初心者でも就ける仕事が自身のフィールドでの就職を困難にするのではないかと心配しています。そういったことから、行き詰まってしまうのです。
そこでポイントとなるのは、雇用主が本当に履歴書で見たいのは、その仕事と無関係でも仕事の経験なのです。彼らはあなたがヨガパンツを何枚売ったのかとか、コーヒーを何杯提供したのかだとか、そんなことは気にしていません。ただ、学校で学んだこととは異なる、実際の仕事での経験があるのかどうかというのを気にしているのです。
時間通りに出勤し、シフトに合わせて一生懸命働き、チームワークがあり、客にサービスをし、問題を解決しコミュニケーションを測ることは、最初の仕事でも十分に学ぶことができ、他の分野で仕事を得る上でも価値のあるものなのです。
それでは、全く経験がなくても雇ってもらうにはどうしたら良いのでしょうか。私たちはマクドナルドで上席副社長兼主任役員のSharon Ramalhoに尋ねました。彼女の会社は年間約45,000人を雇用し、その多くが初めて仕事をする人だといいます。

会社が初心者の求職者に何を求めているのか:
「チームの一員として働くことに興味があるかどうか」とRamalhoは言います。「外向的である必要はありませんが、自発的である必要があります。学ぶ意欲、食べ物への情熱、顧客に私たちのレストランで良い時間を過ごして欲しいと思う気持ちが大切です。
しかし私たちが雇用する理由は次のようなものです:やる気と学ぶ意欲です。1度雇われると、充実した研修を受け、会社ではそこで学ぶことを『人生のスキル』と言っています。コミュニケーション、チームワーク、めまぐるしく変わる環境への対応、そして目標設定です。」
カナダでも若者を多く雇用している企業によると、初めての仕事に就くに当たって候補者に必要なものは:仕事へのやる気と学ぶ意欲です。そして初心者でもできる仕事は、コミュニケーション能力、チームワーク、顧客対応などのコアスキルを身につけることができ、以降業界を超えて生かすことができるのです。これはキャリアアップにも役立ちます。
これは最初の仕事について言えることです。待つよりも、働いた方が学ぶことも収入も多くなります。
私たちの最新のThinkpolisの報告のために、私たちはカナダの求人情報でどのようなスキルが求められているのかを調べ、そのスキルの需要が高まっていることを知りました。その報告はこちらから読むことができます。また、初心者向けの求人で求められているスキルについても言及しています。以下、多く普及しているものです。

初心者向けの求人で求められているスキル
・カスタマーサービス
・コミュニケーションスキル
・セールス
・ライティング
・Microsoft office(Microsoft Word、Microsoft Excel)
・組織力
・チームワーク
・政策解析
・電話応対
・リポート
・問題解決
・英語

オンライン上で募集の多い初心者向けの仕事
・小売
・ホスピタリティーと飲食業
・金融サービスと銀行業
・消費財
・ヘルスケアと医療サービス
・広告業とマーケティング
・貿易

また、雇用主から多く聞かれるのが、今の若者の多くはセルフマーケティング力に欠けるということです。どういうことかというと、目立つ履歴書を作ることができず、面接の仕方がわかっていないのです。
では、練習しましょう。履歴書を10枚書き、6つの面接を受けなければならないのなら、まず仕事について、その後履歴書の手直しや面接をしましょう。スキルや経験があればより完成させやすくなります。準備すればするほど、競争率の高い仕事を得るために目立った候補者になることができるのです。
そしてもし仕事を見つけられなくても、忙しくしていましょう。ボランティア、地域活動への参加など、社交的でいましょう。自分自身で引きこもるよりも、努力して、たくさんの人と出会い、外に出ることで様々な機会を得ましょう。
若い人が切り込んでいくには厳しい労働マーケットで、機会を見つけることが難しい場合もあります。しかし私を信じてください。みんなそれぞれの道を見つけています。チャンスは必ず訪れます。あなたの挑戦は、門戸が開かれた時のための準備です。

カナダで求人広告が多い初心者向けの仕事
初心者や学生に向けた求人は大きく2つのカテゴリーに分類することができます。学歴に関係なく就ける仕事(一般労働、小売、ホスピタリティーなど)と実務経験を必要としない技術職です。この技術職は、卒業時に資格を取ることさえできれば就くことができます。
Workopolisの求職データをもとに、学生や初心者に向けてよくオンライン広告を出している仕事をリスト化しました。

学生や初心者に向けて求人広告を出している仕事トップ10
・カスタマーサービス担当者(平均給与:時給16.50ドル)
・セールス担当者(平均給与:40,000ドル+コミッション)
・テクニカルサポート担当者(平均給与:50,000ドル)
・管理補佐(平均給与:36,000ドル)
・アカウントマネージャー(平均給与:66,560ドル)
・キャッシャー(平均給与:時給10.50ドル)
・レセプショニスト(平均給与:33,000ドル)
・食料品店従業員(平均給与:時給11ドル)
・マーチャンダイザー(平均給与:39,000ドル)
・ビューティーアドバイザー(平均給与:時給11ドル)

卒業生が学校を終えた後すぐに就ける仕事トップ10
・登録看護師(平均給与:72,000ドル)
・パーソナルサポート労働者(平均給与:32,000ドル)
・ビジネスアナリスト(平均給与:75,000ドル)
・ファイナンシャルアドバイザー(平均給与:61,100ドル)
・理学療法士(平均給与:71,000ドル)
・マーケティングコーディネーター(平均給与:48,000ドル)
・薬剤師(平均給与:84,765ドル)
・会計士(平均給与:61,000ドル)
・作業療法士(平均給与:73,000ドル)
・人事アシスタント(平均給与:44,720ドル)

管理補佐の仕事につく方法

高卒で仕事をしようとしているのなら、秘書か管理補佐の仕事を検討してみてください。高校卒業後に準学士を取るか、秘書の研修プログラムを受けることで、この分野で秀でることができます。
ますます多くのセクターで、秘書は学士を持っていたり、公認合法秘書や有資格の医学管理補佐など、特別な資格を持っていることが多いです。

秘書や管理補佐に必要とされる条件
管理部門で働くには、様々なテクノロジーを使うことに長けていることが好ましいです。書類を集め、プレゼン用のスライドを一緒にしたり、スプレッドシートを作ったり、データベースの管理やウェブサイトの更新をしなければならないかもしれません。また、Microsoft officeや電子メール、インターネットを使うことにも慣れていた方が良いでしょう。中小企業の仕事では、QuickBooksやその他の会計ソフトウェアの使い方を知っておく必要があるかもしれません。
口頭や文書でのコミュニケーションスキルは必要不可欠です。オフィスで仕事をする場合は詳細志向や校正スキルが必要になります。また、読み書きや編集を含む英語のスキルがあるとなお良いでしょう。ドキュメントやウェブサイトを作ることまでが職務となっている仕事もあります。ウェブコンテンツやその他のコミュニケーションツールの作成や改訂のスキルも必要になる場合があります。
職場管理者の役割はあなたの責任の一部になるかもしれません。優秀な管理者になるためには、マルチタスクをこなし、よくまとまっていなければなりません。管理者として、表彰ディナーや基金集めのためのイベントなど、スタッフのためのイベントを企画したり、クライアントとの会議を設定し同僚のスケジュールを調整したりします。

秘書や管理補佐の仕事を見つける方法
まず仕事探しを始める前に、以前の雇用主からの推薦状を集めましょう。もし職務経験があまりないのなら、個人的なリファレンスを使うことも可能です。
秘書や管理補佐を採用している雇用主は、気持ちよく働くことができ、他のスタッフと打ち解け、企業秘密のような情報の扱いを託せる人を探しています。推薦状はこれらの能力を裏付けることができます。
あなたのネットワークの中に飛び込み、仕事がないかを探してみましょう。FacebookやLinkedinの連絡先、家族、友達、ご近所さんや以前の雇用主に連絡を取り、あなたが探している職場について伝え、紹介してもらえないかをあたってみましょう。
例えば法律、出版、高等教育などのセクターで仕事を探しているのなら、その分野での雇用を知っている人がいないかを尋ねてみましょう。

応募する
あなたは雇ってもらっている会社の代表者になり、顧客やクライアントに最初に印象を与える人になるのです。つまり、端正なイメージや対人関係のスキルは秘書や管理補佐をやりたい人たちにとっては重要になります。
雇用主から何か知らせを受けたのなら、あなたは他の候補者と比べて一歩先にいると思って良いでしょう。推薦状と履歴書を持って、地域の組織や企業を訪れてみましょう。ここに個人的な応募の仕方を記載しています。
警備員に微笑みかけ、企業の監督者または管理者とスタッフをサポートするポジションについて話ができるかどうか聞いてみましょう。管理者が面会不可の場合は受付にあなたについて鍵となるポイントをいくつか伝え、履歴書を受け取ってもらえるかどうかを聞いてみると良いでしょう。

オンラインで仕事を探す
管理補佐、マーケティング補佐、編集補佐、医療秘書、法律関係の秘書、オフィスアシスタントなどのキーワードをGoogleに入力して求人の一覧を手に入れましょう。多くの管理職は、地域の新聞や商工会議所のウェブサイトの求人欄に載っています。ベトナムであれば、キャリアリンクなどの人材紹介会社を使うのもあります。

管理補佐の仕事の面接
あなたのイメージやスキルは面接によって雇用主から評価されます。完璧に着こなし、身だしなみを整えて臨みましょう。温かい笑顔と握手で面接官に挨拶をしましょう。面接官が複数いる場合は、適切なアイコンタクトをそれぞれの面接官と取りましょう。
面接に向けて、企業のことを調べて準備をしましょう。オフィスで何をしているか、顧客は誰なのかを知っておきます。またあなた自身を売り込むために、秘書や管理補佐として働く上で生かすことができる5~7の強みを手短に説明しましょう。どの強みにも、今までどこでそれを使い、どのような結果を生み出したのかを具体的な役割やプロジェクト、仕事を用いて説明できるようにしておきましょう。
あなたが過去に行ってきたこれらの話をすることで、あなたがその仕事にふさわしい人材であるということを雇用主に納得させることができます。そのポジションの求人広告や仕事内容を慎重に見直し、優遇や条件などをリスト化しておきましょう。どの資格についても、例示できるようにしておきましょう。
あなたの弱みや過去にした挑戦のような、管理者の面接でよく聞かれる質問に答える準備をしておきましょう。雇用主は過去の上司とあなたがどのように関わっていたのかを尋ねてくることがあるので、上司とともに解決した挑戦などを書面のリファレンスとともに説明できるようにしておきましょう。

面接後のフォローアップ
面接後すぐに、雇用主と働きたいということを記載したサンキューカードまたはサンキューレターを作りましょう。あなたと話す時間を作ってもらえたことに感謝していることや、そのポジションに自分がどれだけ向いているかを説明するようにします。
複数の面接官と会った場合は、それぞれの手紙に違うことを書くようにし、あなたがどれだけやる気があり、個を考えているかを示すようにします。